日本社会人育成協会

協会案内

代表挨拶

代表理事 藤巻勇輝
代表理事 藤巻勇輝

1985年生まれ。東京大学卒業。在学中に国家公務員I種試験を合格し、卒業後経済産業省に入省。2010年に退官後は、個人事業主として様々な職務を経験する。

何不自由なく育ててくれた親への感謝と社会への感謝の気持ちから、少しでも世の中に対して恩返しをしたいと学生時代から政治家を志すも、官庁での様々な経験から世の中を上から良くしていくのは難しいと断念。その後「一灯照隅・万灯遍照」という考え方に出会い、世の中を下から確実に良くしていこうと、2013年に一般社団法人日本社会人育成協会を立ち上げる。

国をほのかに照らすために

自立した個人を育成する

教育者であり、啓蒙思想家であった福沢諭吉は、次のようにおっしゃっています。

一身独立して一国独立す。
独立とは、自分にて自分の身を支配し、他に依りすがる心なきをいう。
独立の気力なきものは、国を思うこと深切ならず。

この考え方は、「学問のすすめ」という本において記されたものであり、福沢諭吉の生涯における根本精神でした。そして私たちの協会は、この言葉を一番の理念に掲げています。

今、日本は昔と比べて大きく変わりました。終身雇用や年功序列といった慣習はなくなり、今の若い世代は自分自身の将来に対して大きな不安を抱えています。そして、どのような努力をすればこれらの不安を解消できるのかさえ、分かっていないのが現状です。

また企業においても、自立した社員は求められています。日本経済団体連合会が発表した2016年度の新卒採用に関するアンケート調査結果において、「選考にあたって特に重視した点」として63.8%の会社が「主体性」を重視したと回答しました。また「チャレンジ精神」を重視したと回答した会社も46.0%となっています。

人は経済的に自立してはじめて、真に人の為に生きることができます。私達、一般社団法人日本社会人育成協会は、一身独立して一国独立すという理念の下、経営の学びを通じた修練によって経済的に自立した個人を一人でも多く世の中に輩出し、会社の、そして日本国全体の発展に寄与してまいります。

日本社会人育成協会 概要

設立年月日:
2013年9月27日
代表者:
藤巻勇輝
設立目的:
若手社員を主な対象に自立のための社会人教育を行い、日本国の発展に寄与する
事業内容:
  • (1) 社会人教育の内容に関する研究・開発
  • (2) 社会人教育に関する普及啓発・支援
  • (3) 社会人能力に対する認定資格の発行
所在地:
一般社団法人日本社会人育成協会 事務局
〒101-0061
東京都千代田区三崎町1丁目1番2号 宮本ビル3階
TEL:03−5577−6600
FAX:03−5577−6601