日本社会人育成協会

総会を行いました

9月10日(土)の18時から、東京の新宿にある産業会館(BIZ新宿)において第三回総会を行いました。

当日は前期の結果報告と今期の売上予測、また来期以降の事業計画などを話させていただきました。
10月から入社予定の社員挨拶などもあり、出席いただいた方々にはご満足いただける報告だったと感じています。

またその後の懇親会には参加された方のうち多くの方がご出席くださり、
色々と卒業生の方々のその後の活躍を聞くことができました。

ご出席いただいた方々に、素晴らしい一日となりましたことを心からお礼いたします。

※写真を撮るのを忘れてしまっていました。
 来年こそは色々と撮りたいと思っております…!><


【代表ブログ】若いうちにしておくべきこと

こんにちは、藤巻です。

今回のお話は、新社会人になって間もない若い方々を意識して、
20代のうちにしておくべきことをお伝えしましょう。

もちろん、「私が思う」という注書きをつけておいてくださいね。

若いうちにしておくべきことというこのお話は、
色々なところで色々な方が話されています。

また、聞かれることも多いです。

例えば起業を目指している若者が先輩経営者に対して、
「成功するためには若いうちに何をしておけばいいですか?」
といった質問を投げかけるのはしょっちゅうです。

私も独立した当初は、交友関係を広げるべく色々な集まりに顔を出し、
成功してそうな方を見かけてはこの質問をしていました。

答えは人それぞれです。

「寝る間も惜しんで働き続けること」
「一緒に夢を叶えようとする仲間を集めること」
「たくさん勉強をすること」 等々。

さて、そんな中で私が一番しっくりきて、
いまだにその通りだなと自分の考え方にしているものがあります。

それが何かと言うと…

20代のうちにしておくべきことは、「我慢」ということです。

この「我慢」という言葉、本当に大事だなと最近痛感します。

特に20代の若いうちは血気盛んな時期ですので、
功名心から色々と無謀な挑戦をしてしまう人も少なくありません。

しかし、20代というのは振り返ってみれば、
ほんとーーーーーーーっっっっっに!能力が低い時期です。

間違いありません。雑魚です。

たまに、私が25歳くらいの時に書いた当時のメモ書きを見返しますが、
壁に自分の頭を叩きつけたくなります。それくらい残念です。

しかし、それだけ能力的には残念な20代なのですが、
成長率だけは幼児期に次いで高いのではと真剣に思います。

我ながら、よくあのメモ書きの考え方が、
現在のテキストにまで成長したなと感嘆します。

20代のうちというのは、成果を求めるべきではありません。
成長を求めるべきだと思います。

そしてそのためには、たくさん我慢をするべきだと思います。

もちろん、成長というのは成果を求めて努力をする中でのものですので、
その意味では高い目標を持って頑張ることはとても良いことだと思います。

しかし、仮にその結果期待以上の成果が上がったとしても、
それは実力でなくただ運が良かったからと考えるべきです。
会社のサポートが素晴らしかったからと考えるべきです。

なぜなら、20代の人というのは私も含めて、
自分が30代になってから当時を振り返ってみれば、
必ず残念に思えてしまう実力しかないからです。

この例外は、10年経っても成長していない人だけです。
それはそれで残念だと思ってください。

私の好きな言葉の一つに、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎さんの、
「成功のコツは2つある」という言葉があります。

その答えは、「コツコツ」です。

…「コツ」が2つありますよね?

本当に、そのとおりだと思います。

まだ20代の若い方々はぜひこの成功の2つのコツを実践するように、
日々我慢を重ねながら成長を求めて頑張ってもらえればと思います。

…ファイト!(ゝω・)b

——————————————————-

以上、いかがでしたか?
「なるほどなー」とか、「面白いなー」と思いましたら、
いいねやシェアをぜひお願いいたします。励みになります^^